産経ニュース

前畑秀子の生涯たどる60点 故郷の橋本で資料展示

地方 地方

記事詳細

更新


前畑秀子の生涯たどる60点 故郷の橋本で資料展示

 現在の橋本市出身で、日本人女性初の五輪金メダリスト、前畑秀子(1914~95年)の生涯をたどる「前畑秀子資料展示館」(同市橋本)で、前畑の卒業証書や家族写真など資料60点の展示が始まった。入館無料。

 昭和11年のベルリン五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑の生誕地近くにオープンした同館では、前畑に関する資料を展示している。

 今回は、NHK朝の連続テレビ小説のヒロインとしての誘致活動の機運を盛り上げようと、市民らでつくる「市まちの歴史資料保存会」が企画。同市で過ごした学生時代の卒業証書をはじめ、母校の椙山女学園(名古屋市)の卒業アルバムや、日本水泳連盟からの日本記録証、結婚後の家族写真などを紹介している。

 平日午前8時半~午後5時。土・日曜、祝日は休館だが、電話で連絡すれば見学可能。現在の展示は6月末までで、2カ月ごとに入れ替える予定。

 問い合わせは同会の谷口さん(電)090・2195・8531。