産経ニュース

【新潟知事選】「原発ゼロ」へ検討委創設 池田千賀子氏公約、教育など5本柱

地方 地方

記事詳細

更新

【新潟知事選】
「原発ゼロ」へ検討委創設 池田千賀子氏公約、教育など5本柱

記者会見で新潟県知事選の公約を発表する池田千賀子県議=16日、新潟県庁 記者会見で新潟県知事選の公約を発表する池田千賀子県議=16日、新潟県庁

 米山隆一前知事の辞職に伴う知事選(24日告示、6月10日投開票)で、無所属での出馬を表明している社民党系県議、池田千賀子氏(57)が16日、県庁で記者会見を開き、公約の概要を発表した。基本的に米山路線を引き継ぐが、東京電力柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)の再稼働の是非を問う県民投票などの実施や、「原発ゼロ」に向けた新たな検討委員会の創設などにも言及し、原発政策では踏み込んだ内容が盛り込まれている。

 会見には、公約作成に携わったという新潟国際情報大の佐々木寛教授も同席。「安心で持続可能な新潟への5つの約束」とタイトルが付けられた公約は、原発や地域経済、教育など5本の柱からなる。

 原発については、「原発ゼロ基本法案」の支持を掲げ、米山氏が手掛けた「3つの検証」の結論が出るまで柏崎刈羽原発の再稼働の議論をしないことを改めて示した。検証には今後最低3年をかけ、「私の判断を示し、その判断の是非を県民投票などによって確認してもらう」という。

 また、原発ゼロに向けたロードマップなどを策定するための検討委員会を創設する。時期については「なるべく早く」とした。

続きを読む