産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


館林は真夏…32.2度

 高気圧に覆われ南からの暖かい空気が流れ込んだ影響で全国的に気温が上昇した16日、県内各地も13カ所の全観測地点で今年最高の気温を観測した。

 館林で午後2時ごろ最高気温32・2度を記録、7月下旬並みの気温となったほか、北部のみなかみ、草津でも、それぞれ29・6度、26・3度と、7月下旬から8月上旬の最高気温の平年値を上回った。

 気温の上昇に伴い、熱中症とみられる症状を訴える搬送者も増え、県内各消防によると、午後6時までに10代~80代の男女8人が病院に搬送された。みどり市では午前10時半ごろ、80代女性が屋外で倒れ、中等症と診断された。みなかみ市でも午前11時半ごろ、草刈り中の80代男性が中等症で搬送された。