産経ニュース

東北地方45地点で真夏日

地方 地方

記事詳細

更新


東北地方45地点で真夏日

 全国的に高気圧に覆われた16日、仙台管区気象台によると東北地方の6県では、計160カ所ある観測地点のうち、45カ所で最高気温30度を超える真夏日を記録した。

 東北地方で最も気温が高かったのは福島県浪江町で、5月の観測史上最も高い33・5度を記録、全国でも最高だった。岩手県釜石市で32・6度、山形市で31・9度を記録するなど、暑い一日となった。

 この日、今年2番目の暑さとなる28・5度を観測した仙台市では、午前9時過ぎ、すでに25度を超える夏日に。半袖姿で汗をぬぐう人の姿が多く見られた。

 同市宮城野区の榴岡公園の噴水では多くの親子連れが水遊びをするなどして涼を取っていた。

 次男の颯真君(1)と遊びに来ていた渡辺彩さん(27)は「本当に暑い。ぬれても良いおむつをはかせてきてよかった」。最初は怖がって、なかなか水に入りたがらなかったという颯真君だったが、暑さにたまらなくなってか、笑顔で水遊びを楽しんでいた。

 気象台によるとこの暑さは長続きせず、17日以降、天気も崩れ気温も下がる見通しだという。