産経ニュース

九州新幹線長崎ルート 佐賀県知事「フル規格整備に反対」

地方 地方

記事詳細

更新


九州新幹線長崎ルート 佐賀県知事「フル規格整備に反対」

九州新幹線長崎ルートの与党検討委員会に出席し、取材に応じる佐賀県の山口祥義知事 九州新幹線長崎ルートの与党検討委員会に出席し、取材に応じる佐賀県の山口祥義知事

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)をめぐり、佐賀県の山口祥義知事は11日の与党検討委員会に出席し、全線フル規格での整備に反対する意向を伝えた。長崎県や、運行主体となるJR九州はフル規格を要望しており、意見が分かれた。

 山口氏は検討委で、フル規格は佐賀県の財政負担が多額に上るとして「受け入れられない」と表明した。終了後、記者団に「県民の負担感を考えると、フル規格は現実的ではない。県民が納得する計画であるかどうかが重要だ」と強調した。

 与党はフル規格のほか、在来線を改良するミニ新幹線方式も検討している。国と佐賀、長崎両県の財政負担のあり方を含めて、夏までに方向性をまとめる。

 計画では、ルートのうち佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉は在来線を利用するため、在来線と新幹線の両方を走行できるフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)を導入する予定だった。だが、開発の遅れや採算性の低さがネックとなり、実現が困難になっている。