産経ニュース

「スピード感もって」山口銀・神田新頭取が抱負

地方 地方

記事詳細

更新


「スピード感もって」山口銀・神田新頭取が抱負

 山口銀行頭取に就任する神田一成氏の一問一答は次の通り。

 --打診時期は

 「4月下旬、吉村社長に呼ばれ、優しい声で『頭取をやってほしい』といわれた。荷が重いとは思ったが、社長と頭取の激務を見ていたので、負担を和らげたいと引き受けた」

 --頭取として抱負は

 「歴史と伝統がある重責だ。マイナス金利やフィンテック、地域の高齢化など大変な状況ではあるが、ピンチをチャンスに変えたい。仕事への貪欲さや知識欲、熱意など吉村社長に少しでも追いつきたい」

 --吉村氏との役割分担は

 「グループの船頭である吉村社長に対し、私はあくまでこぎ手の一人だ。吉村社長が企画立案し、私が現場で着実に、スピード感をもって執行していく」

 --これまでの経歴で印象深い仕事は

 「もみじ銀行との経営統合が思い出深い。また、市場営業部長時代のリーマンショックは、毎日株価が下がった。当時の福田浩一頭取と毎日携帯でやりとりし、損失を抑えたことも印象に残っている」