産経ニュース

修学旅行生おもてなし JR京都駅歓迎式 将来リピーターに

地方 地方

記事詳細

更新


修学旅行生おもてなし JR京都駅歓迎式 将来リピーターに

 春の大型連休が終わり、本格的な修学旅行シーズンが始まる。8日はJR京都駅(京都市下京区)に到着した修学旅行生の歓迎式が行われた。

 歓迎式は京都市や京都商工会議所などでつくる京都観光推進協議会が主催。午前10時過ぎ、東海道新幹線の専用団体列車の第1便が到着し、新幹線コンコースに埼玉県からの中学生約千人が姿を現した。

 琴の生演奏が流れる中、京都タワーのマスコットキャラクター「たわわちゃん」や東映太秦映画村(右京区)の侍姿の俳優らとともにハッピ姿の協議会メンバー約100人が手を振って迎えた。バスガイドの女性はマイクで「歴史と文化に触れ、いつまでも心に残る体験にしてください」とメッセージを読み上げた。

 京都市によると、平成28年に修学旅行で同市を訪れた小中高校生は約110万人に上り、5月が22万人と最も多い。さらに全国の修学旅行生のおよそ3分の1が京都を訪れており、協議会は温かいおもてなしで将来のリピーター獲得につなげたい考えだ。

 府旅館ホテル生活衛生同業組合の滝川敦之(あつゆき)さん(55)は、「震災や新型インフルエンザなどさまざまな問題が起きても修学旅行の皆さんは必ず来ていただける。市民ぐるみで歓迎していることを感じてもらいたい」と話した。