産経ニュース

京都鉄道博物館2周年 記念セレモニーにぎわう

地方 地方

記事詳細

更新


京都鉄道博物館2周年 記念セレモニーにぎわう

 JR西日本が開設した京都鉄道博物館(京都市下京区)が29日、グランドオープンから2周年を迎え、記念セレモニーが開かれた。3連休の中日となったこの日は、親子連れら大勢の人でにぎわった。

 この日、来場者に日付の入った記念切符が配られたほか、同社のOBが現役時代のエピソードを交えながら館内の見どころを解説するガイドツアー(毎日開催)も始まった。

 式典では三浦英之館長(63)が「3年目を迎えた今からが本番。楽しめる企画展などを開催して、これからも愛される博物館を目指したい」とあいさつ。この後、サックスとエレクトーンからなるユニット「大瀬戸千嶋」が同館をイメージして作曲した「軌条の彼(か)方(なた)」を披露した。

 京都市北区のフリーター、井上基さん(36)は「いろんな種類の車両を見ることができるので、月1回は来ている。今日はセレモニーが見れて満足」と話していた。