産経ニュース

昨年の世界王者・室屋選手が曲技飛行 白浜上空で5月13日にエアショー

地方 地方

記事詳細

更新


昨年の世界王者・室屋選手が曲技飛行 白浜上空で5月13日にエアショー

 世界的なエアロバティックス(曲技飛行)パイロットで、「空のF1」と呼ばれる飛行機の世界大会「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」で昨年、総合優勝した室屋義秀選手(45)が5月13日、白浜町の白良浜上空を舞台に開催される「エアショー南紀白浜」(同実行委員会主催)で曲技飛行を披露することが決まった。

 室屋選手は福島市在住。平成21年からアジア人初のエアレースパイロットとなり、単発プロペラ機で指定のコースを飛び、タイムを競うレッドブル・エアレースに参戦。世界各地を転戦し、昨年は全8戦のうち国内で唯一開かれた千葉大会など4戦で1位となり、初めて年間総合優勝を果たした。

 室屋選手は現在、エアロバティックスの啓蒙(けいもう)活動のため全国各地でエアショーを開催しており、白浜で曲技飛行を披露するのは昨年5月に続いて2回目。当日は午前11時と午後1時から各15分ずつ2回、夏には大勢の海水浴客でにぎわう白良浜上空でエアショーを開催。合間に町民らが海水浴シーズンを前に浜を清掃する「ビーチクリーン活動」も2回実施する。

 問い合わせは白浜観光協会(電)0739・43・5511。