産経ニュース

水島海保に新巡視艇 3代目「おきなみ」就役

地方 地方

記事詳細

更新


水島海保に新巡視艇 3代目「おきなみ」就役

 水島海上保安部の新たな巡視艇となる3代目「おきなみ」(64トン)の就役披露式が倉敷市内で行われた。関係者ら約80人を前に、福島武人保安部長が式辞を述べた後、2代目から引き続き操舵を担当する大亀裕也船長が「高性能になった分、高まる期待に応える仕事をしたい」などと決意表明した。

 式は24日で、停泊先の水島港で出席者に船内を公開。3代目は全長27メートル、幅5・6メートルで、速度は25ノット以上。高性能レーダーや夜間監視装置などを搭載し、ブイ程度の浮遊物も感知したり、他船舶などの接近時には距離計測も瞬時に行い、衝突回避に役立てる。

 英語、中国語、ロシア語など5カ国語の翻訳設備も備え、アナウンスや船体横の電子掲示板で、対象ごとに応じた指示などを行う。

 乗務員数は2人増の9人で、以前よりも部屋数を細かく分け、女性も乗務できるようシャワー室や男女別のトイレも置いた。航路哨戒、警備、救難などを主要業務としている。