産経ニュース

昨年度の静岡空港搭乗者、70万人に届かず

地方 地方

記事詳細

更新


昨年度の静岡空港搭乗者、70万人に届かず

 静岡空港の平成29年度搭乗者数は前年度比9・6%増の67万46人で、21年の開港以来2番目に多かった。目標の「年間70万人」には届かず、県は「国際線の中国路線がピーク時の3分の1にまで減ったことが影響した」としている。

 国内線は37万5322人で、開港特需に沸いた21年度の35万1577人を上回り過去最多となった。路線別でも5路線全てが過去最多。札幌路線は、フジドリームエアラインズ(FDA)が新千歳線を丘珠線に統合して毎日運航したことで利便性が向上し、搭乗者数を伸ばした。基幹路線の福岡線もビジネス、団体利用ともに好調だった。

 国際線は過去2番目の29万4724人だったが、中国への新規就航が相次いだ27年度の38万9569人からは10万人近く減少した。