産経ニュース

海のヒットマン・すご腕漁師から「海の幸」を カキ、ホタテ…ネット販売 宮城

地方 地方

記事詳細

更新


海のヒットマン・すご腕漁師から「海の幸」を カキ、ホタテ…ネット販売 宮城

 「伝説の名を継ぎし早技」「死を悟らせぬ神経〆(じめ)の風雲児」「細胞レベルで海苔(のり)の変化を見抜く求道者」-。そんな異名を持つ6人のすご腕漁師ら「海のヒットマン」から直接、カキやホタテなど海の幸を購入できるサービスを「東北の若手漁師集団」と銘打つ「フィッシャーマン・ジャパン」(石巻市)が始めた。(林修太郎)

                   ◇

 インターネット上で好きな漁師ならぬ「ヒットマン」を選んで、提供されるサービスや品物を選択して購入する仕組み。ウェブサイトは黒を基調とした背景に白抜きの文字が躍り、任侠映画を意識したような作りになっている。

 ウェブ上では購入を「依頼」と呼び、商品説明でも品物やサービスのことを「ターゲット」「ミッション」とするなど、物々しい言葉が並ぶ。しかし、実際に販売されているのは「殻付きの生牡蠣(かき)」や「生わかめ&めかぶセット」「漁業体験」などだ。

 もちろん「ヒットマン」も、そんな物騒な人物ではない。「依頼」するウェブページには漁師たちの普段の穏やかな姿や表情を見ることができるリンクも張られている。

 フィッシャーマン・ジャパンの担当者によると、今回の取り組みが話題になることで、水産業に興味を持つ人が増えてほしいという狙いがあるという。それぞれが優れた技を持つ漁師らの姿を「ヒットマン」のイメージに重ねたと説明し、異名は関係者が知恵を出し合って決めたという。

 依頼はウェブサイト(https://hitman.fishermanjapan.com/)から可能だ。