産経ニュース

今年も釜石線に「SL銀河」 運行開始、撮り鉄パシャリ

地方 地方

記事詳細

更新


今年も釜石線に「SL銀河」 運行開始、撮り鉄パシャリ

 「SL銀河」の5年目の運行が21日、JR釜石線で始まった。土、日曜日を中心に現時点では9月30日まで運行される。

 初日は撮影スポットの一つで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになった遠野市宮守の通称「めがね橋」に「撮り鉄」らが詰め掛け、黒煙を上げて橋を走る雄姿をカメラに収めた。

 「名古屋を蒸気機関車の聖地にする会」の中沢義人会長(43)は名古屋から空路駆け付け、「めがね橋は撮影の最高ポイント。良い絵が撮れた」と話した。

 SL銀河は土曜日にJR花巻駅から釜石駅までの往路、日曜日に復路を1便ずつ約4時間半かけて走行する。運賃は全席指定で片道大人820円、小学生以下410円。

 SL銀河は昭和15年製のSLを復元した。客車は4両で東日本大震災からの復興支援を目的に平成26年に運行を始め、3万6500人が利用した。