産経ニュース

緑の季節到来 小岩井農場で企画続々

地方 地方

記事詳細

更新


緑の季節到来 小岩井農場で企画続々

 雫石町の小岩井農場で20日、春から秋にかけていろいろな企画が楽しめる「グリーンシーズン」が幕を開け、報道陣らを招いた案内会ではクラフト体験などが行われた。

 まきば園の「まきばのホール」では、今年から始めた「えっぐクラフト」を紹介。参加者は中身を抜いてシリコンとウレタンを詰め、割れないようにした卵の殻で小動物を創作。ヒヨコを作った女性は「手軽で短時間ででき、面白い」と話した。同ホールには、160枚の鏡と8万個のLEDでできた「光と鏡の迷路」や、ミニチュアホースへの餌付けも。まきば園東側にある羊の放牧地では牧羊犬が指示通りに羊を動かすショーがある。

 同農場は昨年、イコモス(国際記念物遺跡会議)の国内委員会で「日本の20世紀遺産20選」の1つに選ばれ、農場内の建物21棟が国の重要文化財に指定された。戸田敦観光部長は「ガイド付きの農場めぐりバスも運行している。大人同士でも訪れ、楽しんでほしい」と多数の来園を願った。