産経ニュース

新緑の京都彩る「鴨川をどり」 特製の手ぬぐいお披露目 芸妓・もみ乃さんが今年もイラスト

地方 地方

記事詳細

更新


新緑の京都彩る「鴨川をどり」 特製の手ぬぐいお披露目 芸妓・もみ乃さんが今年もイラスト

 新緑の京都を彩る「鴨川をどり」(5月1~24日)を前に先斗町歌舞会(京都市中京区)は、特製デザインの手ぬぐいを作りお披露目した。芸妓(げいこ)のもみ乃さんが描いたイラストをあしらい、公演期間中に販売する。

 180回を迎えた昨年の公演で販売し、好評だったため今年も制作した。「鴨川をどり」の文字とともに、昨年に続いてもみ乃さんがイラストを担当。舞妓(まいこ)をイメージした髪形でおこぼを履いた千鳥と、今年の演目「空想(おも)い」の主役で、幼い白い犬の精・白狗丸(はくまる)にちなみ、着物を着た犬が空を飛ぶ愛らしいデザインに仕上がった。

 普段から絵を描くのが好きだというもみ乃さんは「毎年続けられたらと思うので、集めてもらえたらうれしいです」と話している。

 赤、緑、紫の計3色で、先斗町歌舞練場内で販売する。1枚500円(税込み)。問い合わせは同歌舞練場(電)075・221・2025。