産経ニュース

カフェ併設の図書館オープン 宮城・七ケ宿町の拠点施設に

地方 地方

記事詳細

更新


カフェ併設の図書館オープン 宮城・七ケ宿町の拠点施設に

 七ケ宿町のにぎわい拠点施設「なないろひろば」に「Book&Cafe こ・らっしぇ」が18日、オープンした。過疎化に悩む同町は「『こ・らっしぇ』がまち全体を明るくし、町の魅力度の上昇につながってほしい」と期待をかけている。

 同施設は町で唯一の図書館にカフェを併設。カフェでは地元食材をつかったランチやコーヒーなどを楽しむことができ、借りた本も持ち込める。

 木造2階建てで、延べ床面積は495平方メートル。カフェと1階ホール部分は吹き抜けとなっており、木目を生かしたがっしり太い柱が温かく開放感のある雰囲気を演出している。2階部分には本棚を設置。図書館には町関連の本や児童書など計約2千冊を所蔵、今後5千冊まで増やすという。

 「なないろひろば」は新たな町の核として、町唯一のコンビニエンスストアも整備。来年には「こ・らっしぇ」の隣に温浴施設がオープンする予定という。

 施設の運営を行う「七ケ宿まちづくり株式会社」は「今までは町の人が集まれる場所というものがあまりなかった。ここは『行けば誰かがいる場所』」と話した。火曜日定休。午前9時開店で、月、水、木曜日、日曜、祝日は午後6時まで。金、土曜、祝前日は午後9時まで。