産経ニュース

米子水鳥公園にセイタカシギ飛来

地方 地方

記事詳細

更新


米子水鳥公園にセイタカシギ飛来

 絶滅危惧種で、国内には渡りの途中に立ち寄る旅鳥セイタカシギが、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来している。

 18日は6羽が滞在。浅瀬で餌のゴカイなどを探す姿が、観察施設ネイチャーセンターから見られた。

 セイタカシギは白と黒のツートンカラーの体で、赤く長い脚が特徴。ユーラシア大陸南部などで繁殖する。東南アジアでは一年中生息している地域があり、日本でも東京湾周辺では留鳥とされる。

 公園では11日に今季初飛来の2羽を確認し、一時は8羽を数えた。しばらくは楽しめそうだ。