産経ニュース

草津「たび丸」ちょっとスリムに 新調の着ぐるみお披露目

地方 地方

記事詳細

更新


草津「たび丸」ちょっとスリムに 新調の着ぐるみお披露目

 市民の寄付で新調された草津市公認マスコットキャラクター「たび丸」の着ぐるみが13日、披露された。復活した姿に、子供たちから歓声があがった。

 たび丸は、かさをかぶった旅人がモチーフ。東海道五十三次の「草津宿」として栄えた同市をPRするため平成13年に誕生した。26年に公認キャラクターとなり、年間120件以上の地域イベントなどに出演する人気ぶり。その一方で、足もとを中心に破れや汚れによる劣化が進んだ。昨年、新調費用の寄付を募り、100万円が集まっていた。

 この日は、JR南草津駅前の西友2階にオープンした子育て支援拠点「ミナクサひろば」のイベントに登場。新しいたび丸は、ウエストが20センチ細くなるなど少しスリムに。同市によると、市をPRするなどの活動でやせたという。

 たび丸は今後、寄付者とのツーショット撮影などお礼の旅に出る予定で「草津市を広められるキャラクターになるようがんばるたび!」とコメントしている。