産経ニュース

千葉ノリ復活へ初の計画 県・県漁連などが生産・ブランド強化策

地方 地方

記事詳細

更新


千葉ノリ復活へ初の計画 県・県漁連などが生産・ブランド強化策

富津沖の養殖場で船を使用してノリを収穫する生産者(県漁業資源課提供) 富津沖の養殖場で船を使用してノリを収穫する生産者(県漁業資源課提供)

 本県を代表する水産物である県産ノリの生産とブランドの力を高めようと、県や県漁業協同組合連合会などは、富津、木更津、千葉北部の主要生産3地区ごとに対策を立てた「県ノリ養殖業生産振興計画」を策定した。ノリ生産の現状や主力産品を細かく分けて調べ直し、県と生産業者らが対策をまとめたのは初。不漁や生産者減で“地盤沈下”した「千葉ノリ」復活の足がかりとしたい考えだ。

 県産ノリは東京湾で採れ、消費者の間では「色よし・味よし・香りよし」と言い習わされてきた人気水産物。高級品は「江戸前千葉海苔」として流通してきた。ただし近年は、国内での生産競争激化による取引価格が低迷。加えて、本県内生産の約8割を占める富津地区では天候不順の影響もあるなど、平成26年に約23万5千枚だった生産枚数が一転、27、28両年は14万枚台と記録的不漁に見舞われる不振が続く。

 こうした地盤沈下を打開すべく、県や県漁連、県海苔問屋協会は昨年1月から連携し、ブランド力強化のための販売対策を協議してきた。「昨年12月に策定した東京湾漁業振興策の柱となる」(県漁業資源課)という今回の県ノリ養殖生産振興計画により、関係者らは販売と生産の両面からブランド力復活を目指す。

続きを読む