産経ニュース

JR瀬戸大橋線開業30周年 高松駅で記念ヘッドマークお披露目 快速マリンライナーが周知

地方 地方

記事詳細

更新


JR瀬戸大橋線開業30周年 高松駅で記念ヘッドマークお披露目 快速マリンライナーが周知

 JR瀬戸大橋線(本四備讃線)開業30周年の10日、高松市のJR高松駅で行われた記念ヘッドマークの披露式。9月末まで同線を走る快速マリンライナーのほとんどの車両に取り付けられ、30周年を周知する。

 JR四国によると、岡山-高松間を結ぶ瀬戸大橋線では1日に約150本の列車が行き来し、平均約2万2千人が利用している。とくにマリンライナーは通勤・通学客の足となっている。

 披露式には、主催者側としてJR四国の半井真司社長ら、来賓として香川県の浜田恵造知事らが出席した。半井社長は「瀬戸大橋線は大動脈とともに生活路線としても定着している。同線の重要性は増すばかりで、より利用しやすいものにしていきたい」とあいさつした。

 一般公募で選ばれた瀬戸大橋30周年のシンボルマークをあしらった列車のヘッドマークが披露された。午後2時40分、高倉昭二駅長らが合図を送る中、高松寄りの先頭車両にマークをつけた「一番列車」のマリンライナー40号が岡山に向けて発車すると、詰めかけた鉄道ファンらがカメラのシャッターを盛んに押した。