産経ニュース

色鮮やかチューリップ1万5000本 和歌山高校、一般開放し音楽演奏などのイベント

地方 地方

記事詳細

更新


色鮮やかチューリップ1万5000本 和歌山高校、一般開放し音楽演奏などのイベント

 色鮮やかなチューリップが咲き誇る「チューリップフェスタ」が、和歌山市新庄の県立和歌山高校で開かれている。7日には、「イベントDay」として、同校の生徒らによる音楽演奏などが行われ、カップルや家族連れらでにぎわった。

 同校では、校内の美化活動の一環として、平成8年からチューリップの球根を中庭に植え育ててきた。15年からは一般に開放。毎年4月第1土曜日にイベントを開いている。

 昨秋植えられた約1万5千本のチューリップが開花。中庭を上から眺めると、チューリップがパンダの形になるように植えたという。

 この日は、特設ステージに同校の総合音楽部が出演。軽音楽と吹奏楽のコラボレーションで、ロックバンド「スピッツ」の「春の歌」など8曲を披露した。

 友人と訪れた近くの会社員、兵江勇也さん(20)は「いろいろな色のチューリップがこんなに咲いているのは初めて見た。とてもきれいで、見に来てよかった」と笑顔で話した。

 フェスタは8日も開催されている。