産経ニュース

琉球と京の知識人の交流示す「金杯」 江戸中期に献上、京都で確認

地方 地方

記事詳細

更新


琉球と京の知識人の交流示す「金杯」 江戸中期に献上、京都で確認

江戸時代に琉球王国の士族だった程順則が、京都の公家近衛家煕に献上した「孔林楷杯」(沖縄県教育委員会提供) 江戸時代に琉球王国の士族だった程順則が、京都の公家近衛家煕に献上した「孔林楷杯」(沖縄県教育委員会提供)

 琉球王国の士族だった程順則が江戸時代中期の1715年、京都の公家近衛家煕に献上した金泥が施された杯「孔林楷杯」が、陽明文庫(京都市)で確認された。沖縄県教育委員会が7日までに発表した。杯の存在は文献資料で把握されていたが、実物を確認したのは初めて。県教委は「琉球と京都の知識人の交流がうかがえる貴重な資料」としている。

 杯は縦約26センチ、横約21・5センチで、内側に金泥が施されている。「孔林」は中国・山東省曲阜にある孔子一族の墓地の名称で、杯はそこにあるカイの木の根元から作ったとされる。献上を受けた近衛家煕は関白などを歴任し、知識人として知られる。

 文献によると、程順則は1706年に琉球の使節団の一員として中国に派遣され、その後、山東省に立ち寄って杯を手に入れたとされる。

 このほか、杯の由来が書かれた文献資料などが保管されていることも確認した。県教委は今後、陽明文庫の協力を得て、詳細な調査や県内での展示を検討する。