産経ニュース

Oh!Me大津テラス、パルコ跡地ビルに4月27日オープン 内装のテーマは自然

地方 地方

記事詳細

更新


Oh!Me大津テラス、パルコ跡地ビルに4月27日オープン 内装のテーマは自然

 昨年8月に閉店した大津パルコ(大津市打出浜)の跡地ビルに、新たな商業施設「Oh!Me(オーミー)大津テラス」が27日、オープンする。ビルを購入したアーク不動産(大阪市中央区)が明らかにした。スーパーや家電量販店、映画館、各種飲食店などが出店する予定で、自宅や職場から離れた第三の居場所(サードプレイス)の提供を目指すとしている。

 「Oh!Me」の名称は「近江」の地名と「自分の場所」という意味を持たせた。建物は8階建ての旧大津パルコを全面改装。自然をテーマに、1、2階は「大地」、3~5階は「水」、6~8階は「山」「空」をそれぞれイメージした内装となっている。

 入居する主なテナントは、平和堂のスーパー「フレンドマート」▽家電量販店ヤマダ電機の「テックランド」▽カフェを併設した「TSUTAYA BOOK STORE」▽100円ショップ「キャンドゥ」▽フィットネスジム「カーブス」▽ホットヨガスタジオ「LAVA」-など。

 パルコ閉店後も上映を続けていた映画館「ユナイテッド・シネマ大津」が新施設でも引き続き営業を続けるほか、FMラジオ局「エフエム滋賀」のサテライトスタジオも復活する。

 このほか、ファミリーレストランやとんかつ店、ラーメン店などの各種飲食店も出店する。

 大津パルコは平成8年、若者向けファッションビルとして開業。一時は売り上げが年間100億円を超える人気だったが、その後郊外に大型商業施設が相次いでオープンすると客足とともに売り上げは急速に減少。

 28年度の売り上げは全盛期の約3分の1の35億円にまで落ち込み、昨年8月に閉店。跡地ビルを買い取ったアーク不動産が、新たな商業施設開店の準備を進めていた。

 オープンは27日午前10時。記念のテープカットなどが行われる。オープンから3日間は、千円以上の買い物をした毎日先着300人にオリジナルエコバッグがプレゼントされる。