産経ニュース

カワウソに似た足跡確認 なす魚類調査クラブ、14日にドローンで本格調査

地方 地方

記事詳細

更新


カワウソに似た足跡確認 なす魚類調査クラブ、14日にドローンで本格調査

 那須町でカワウソに似た動物の目撃情報を基に調査を進めている釣り愛好者団体「なす魚類調査クラブ」がカワウソに似た足跡を確認した。絶滅種のニホンカワウソの可能性は低いとみられるが、同クラブは今月、ドローンを使って上空から探索するなど調査を本格化させる。(伊沢利幸)

 同クラブによると、昨年8~10月の3回、会員が町内の余笹川と黒川の合流地点でカワウソに似た動物を目撃。足跡は昨年12月末、目撃地点から上流2キロ付近、同町沼野井の余笹川河川敷で発見された。土管の中6カ所に直径6、7センチの足跡が残っていたという。

 同クラブは町に協力を呼びかけ、カワウソ調査隊を結成。今月14日、那須どうぶつ王国の佐藤哲也園長も参加して本格的な調査を始める。糞(ふん)の採取や足跡の確認、ドローンでの撮影などのチームに分かれ、日没以降は赤外線カメラ搭載のドローンも飛ばす。定点カメラも4台を設置予定だ。

 同クラブは年度内に報告書をまとめる。調査隊長を務める山田正美副町長は「目撃情報が増えている。カワウソらしい何かはいると期待感はある」と話す。

 ニホンカワウソは国内に広く生息していたが、乱獲や環境の変化で激減。平成24年、絶滅種に指定された。県内の専門家は福島県や群馬県で確認されている外来種、アメリカミンクの可能性が高いとみている。