産経ニュース

色とりどり春の山野草見頃 橋本の子安地蔵寺

地方 地方

記事詳細

更新


色とりどり春の山野草見頃 橋本の子安地蔵寺

 「花の寺」として知られる「子安(こやす)地蔵寺」(橋本市菖蒲谷)で、白やピンクなど色とりどりの春の山野草が見頃を迎えている。今月中旬頃まで楽しめるという。

 同寺は、宗派を超えて繰り広げている「関西花の寺二十五ヵ所霊場会」の寺院の一つ。山野草は約50種類あり、春にはサクラソウやハナニラ、花の形が船のいかりに似ているイカリソウなど約20種類が3月中旬から順次咲き始め、訪れた参拝客らを楽しませている。

 島田弘恭(こうきょう)住職は「半日撮影している参拝客もいるほど。植物が共存している姿も感じてもらえたら」と話していた。