産経ニュース

閖上津波訴訟 遺族「行政の味方か」 請求棄却を批判

地方 地方

記事詳細

更新


閖上津波訴訟 遺族「行政の味方か」 請求棄却を批判

 「こんなにあからさまに行政の味方をするのが裁判所なのか。今は絶望感しかない」

 東日本大震災の津波で名取市閖上地区にいた家族が犠牲になったのは、防災行政無線が故障し、広報車での避難誘導も行わなかったからだとして、遺族が市に損害賠償を求めた閖上津波訴訟。請求が棄却された30日の仙台地裁判決後の会見で、原告の女性はこう絞り出した。

 判決後、遺族らは「名取市の責任を否定するという結論を導くために原告らに対し、高いハードルの主張・立証責任を課す一方、名取市の主張は無批判に受け入れて、その責任を免れさせたというほかない」との声明を発表した。

 訴訟を通じて原告側は、防災行政無線が故障して鳴らなかったことが、家族の犠牲につながったと主張してきた。

 仙台地裁は判決で、仮に防災行政無線が故障しておらず、無線による避難指示放送を聞けたとしても、避難できたかは不明だと述べた。

 原告側代理人はこの判断について、「防災行政無線が鳴っていれば、亡くなった方々は避難して助かったと主張した。判決は、逃げたからと言って助かったとは限らない、としか書いていない」と指摘した。

 その上で、「防災行政無線が鳴っていれば、もっと迅速に避難行動を取って避難できた。逃げても無駄だというような判断ではないか」と強く批判した。

 遺族の女性は「大切な家族の命はなんだったのだろうか、犠牲になった命のために何かできることをしなくてはという気持ちが強く残っている」と控訴する方針も明らかにした。