産経ニュース

【富山政活費不正】137万円返還求め自民会派に請求 富山市

地方 地方

記事詳細

更新

【富山政活費不正】
137万円返還求め自民会派に請求 富山市

 政務活動費不正が相次いだ富山市議会で、富山市は29日、市監査委員が不適切な支出として勧告した約137万円のうち一部を返還するよう自民党会派に請求した。会派は時効が迫っていた約17万円分を既に返還しており、残りも近く返還する方針。別に同日、研修会会場費などの不適切な支出約17万円も返還した。

 市民団体が1月、住民監査請求をしていた。市監査委は、平成25~27年に4市議が支出した市政報告会の茶菓子代やアルバイト代など10件が、市議会の運用指針に合致しないなどとした。

 市議会では28年8月以降、白紙領収書などを使った不正が相次ぎ発覚、自民党と民進党系の2会派計14人が辞職。うち4人が詐欺罪などで告発され、富山県警が捜査している。