産経ニュース

エキエでグルメ楽しもう JR広島駅にきょうオープン

地方 地方

記事詳細

更新


エキエでグルメ楽しもう JR広島駅にきょうオープン

 JR広島駅の新幹線東高架下1階に整備してきた新飲食エリア「ekie DINING(エキエ ダイニング)」が29日、開業する。仙台、博多の有名店や地元・広島のご当地グルメ、お好み焼きや汁なし担担麺の名店など、個性豊かな21店舗が出店する。28日はエリア内が報道関係者に公開された。

 駅構内では「広島の新しい目抜き通り」をコンセプトに、在来線の線路上空エリアと新幹線高架下エリアの約9800平方メートルに商業施設の開発を進めており、今回は約1800平方メートル部分が開業する。

 21店舗中、11店舗が中四国初出店や新業態などで、16店舗が地元・広島。仙台名物・牛たんの店「炭焼牛たん東山」や、もつ鍋・九州郷土料理の「博多もつ鍋やまや」、ミシュランガイド掲載店の新業態で海鮮料理の「サカナカナッテ」、広島を中心とした中四国の生産者から旬の食材を取り寄せるJA全農の地産地消レストラン「みのる食堂」などが出店した。

 また広島のご当地グルメを集めた6店舗のある一角を「廣島ぶちうま通り」とし、お好み焼きや汁なし担担麺の名店を屋台街のように並べた。

 お好み焼きでは、人気店の「麗ちゃん」「みっちゃん総本店」をはじめ、ミシュランガイドに掲載されたこともある「いっちゃん」が出店。

 汁なし担担麺では、名店「くにまつ」と「武蔵坊」が初めてコラボした店舗も登場。両店の味が同時に楽しめる「ごまハーフ&ハーフセット」(千円)などのメニューもある。

 開発を手掛けたJR西日本の関連会社「中国SC開発」の担当者は「“広島グルメ”を駅で手軽にお楽しみいただける店舗構成」としている。

 今回開業するエリアの営業時間は、プロ野球・広島カープのナイターの応援帰りの利用なども考慮し、午前11時~午後11時。エリア一角には、利用者の増えている加熱式たばこの専用喫煙室も設けた。