産経ニュース

笑顔生き生き 大阪の図書館で「世界ダウン症の日写真展」開催

地方 地方

記事詳細

更新


笑顔生き生き 大阪の図書館で「世界ダウン症の日写真展」開催

 世界ダウン症の日(3月21日)を記念し、ダウン症の人たちが生き生きと暮らす様子を家族が撮影した写真を展示する「世界ダウン症の日写真展in大阪」が4月11日まで、大阪市西区の市立中央図書館1階ギャラリーで開かれている。

 ダウン症は、21番目の染色体が突然変異で1本多い3本のタイプがほとんどの先天性症候群。筋肉の緊張度が低く、多くの場合、知的な発達に遅れがある。心臓の疾患を伴うことも多いが、近年では医療や教育が進み、普通に学校生活や社会生活を送る人も増えているという。

 写真展は、日本ダウン症協会大阪支部と同図書館の共催。公募写真展の開催は8回目で、今年は「ひらがなかるたスペシャルスマイル」をテーマに、笑顔の写真48点を展示している。問い合わせは日本ダウン症協会大阪支部(電)090・8129・1201。