産経ニュース

7代目カープトレインお披露目、日本一願い3月30日から運行 JR広島駅でイベント

地方 地方

記事詳細

更新


7代目カープトレインお披露目、日本一願い3月30日から運行 JR広島駅でイベント

 プロ野球の広島カープを応援しようと、JR広島駅(広島市南区)で25日、真っ赤なボディーの「カープ応援ラッピングトレイン」がファンにお披露目された。今季、球団史上初のリーグ3連覇と34年ぶりの日本一を目指すカープ。本拠地・マツダスタジアム(同)でシーズン開幕戦を迎える30日から運行が始まり、11月下旬まで山陽線や呉線、可部線を走る。

 “カープトレイン”はJR西日本広島支社が毎年デザインを変えて運行しており、今年で7代目。先頭車両にカープ坊やとスラィリーが描かれたヘッドマークを掲げた4両編成で、カープの今季のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」のロゴや、丸佳浩外野手、鈴木誠也外野手ら主力8選手の躍動感あるプレーシーンがあしらわれている。

 この日、駅ホームで行われたお披露目式では、同支社の伊勢正文支社長が「カープの34年ぶりの日本一を期待して熱く応援をしていきましょう」とあいさつ。九里亜蓮投手と高橋昂也投手も出席し、見守る大勢のファンを前に2人は「今年はリーグ3連覇と日本一をつかみ取れるよう頑張りたい」「迫力あるカープトレインに乗って、ぜひスタジアムまで応援に来てください」などと話し、車両にサインした。