産経ニュース

【辺野古移設訴訟】沖縄県が控訴 差し止め却下判決に不服

地方 地方

記事詳細

更新

【辺野古移設訴訟】
沖縄県が控訴 差し止め却下判決に不服

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、県が国の工事差し止めを求めた訴訟で、県は23日、「訴えは裁判の対象にならない」として却下した一審那覇地裁判決を不服として控訴した。

 地裁判決は、自治体が条例や規則に従わせるために訴訟は起こせないとする最高裁判例を引用し「訴えは不適法だ」と判断した。

 県は辺野古沿岸部の埋め立て工事に伴い、県漁業調整規則に基づき知事の許可を得ずに海底の岩礁を破砕することは違法だと主張したが、却下した。翁長雄志知事は「判決は納得できるものではない」として、控訴する方針を示していた。