産経ニュース

サオリーナ「素晴らしい施設」 東京五輪レスリング・キャンプ候補地でカナダの関係者視察 三重

地方 地方

記事詳細

更新


サオリーナ「素晴らしい施設」 東京五輪レスリング・キャンプ候補地でカナダの関係者視察 三重

 東京五輪の事前キャンプ地を探しているカナダのレスリング協会関係者が20日、世界的に有名な吉田沙保里選手にちなんで名付けられた津市産業・スポーツセンター「サオリーナ」(津市北河路町)を視察した。同協会のジュリー・ボーリュー強化本部長は「素晴らしい施設。強力な候補地だ」と述べ、好印象を持ったことを強調した。

 視察に訪れたのは、ボーリュー氏ら2人。県庁に鈴木英敬知事を表敬訪問した後にサオリーナで、2つのアリーナやトレーニングルームなどを視察した。

 続いて2人は、津市役所に前葉泰幸市長を訪問。会談には、吉田選手の兄で津レスリング協会会長の吉田栄利さんも同席した。昨年11月にサオリーナで開催された吉田沙保里杯津市少年少女レスリング選手権大会にカナダのチームが参加したことなどが話題となった。

 ボーリュー氏は「サオリーナの施設や投資にスポーツ振興への理解を感じた。(三重には)吉田選手の活躍などレスリングの歴史があり、サポート体制も期待できる」と語った。吉田会長は「津市に決めてもらえたら、カナダの選手が活躍できるようにしっかりサポートしたい。世界の選手に来てもらえることは子供たちの夢につながる」と話した。

 東京五輪の事前キャンプ地をめぐっては、県内では四日市市がカナダの体操チームの誘致に成功。今月2日にはカナダのシンクロナイズドスイミング連盟が鈴鹿市の施設を視察している。