産経ニュース

高校入試の加点制度に対応、新・中3生対象に英検講座 福井

地方 地方

記事詳細

更新


高校入試の加点制度に対応、新・中3生対象に英検講座 福井

英検講座で講師から模擬試験の解説を聞く生徒ら=福井市 英検講座で講師から模擬試験の解説を聞く生徒ら=福井市

 英語のスピーキング力の向上と県立高校入試の加点制度で活用されている実用英語技能検定(英検)の3級以上の取得に向けて、県教委は18日、4月から中学3年生になる2年生を対象に英検講座を県内7会場で開いた。24日までに11会場で英検2級、準2級、3級の受検を目指す約1470人が受講する。

 英検講座は英検加点制度実施前の昨年9月に開講。中学3年生約2500人が受講した。英検は年3回行われ、今回の講座は6月の英検を前に開かれた。また、県教委は10月の英検を前に8月ごろに3年生を対象に講座を開く予定だ。

 18日に福井大学文京キャンパス(福井市文京)で開かれた講座には約160人が受講。英検の模擬試験のあと県英語研究会シルバー会員ら退職教員や大学教員らの講師が解説した。2次試験の面接対策演習では、会話の一場面を想定し、質疑応答を英語で行った。

 県教委は平成31年度高校入試での英検の活用について、議会の意見や議論を踏まえ、英検加点制度の合否への影響など、30年度入試の結果を分析し、中学・高校の校長会の意見を聞いて見直すとしており、今夏までにまとめる方針だ。