産経ニュース

【JKA補助金物語】ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」

地方 地方

記事詳細

更新

【JKA補助金物語】
ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」

ふれ合い交流事業で稲刈りを体験する児童たち ふれ合い交流事業で稲刈りを体験する児童たち

 東日本大震災から7年、被災地へのさまざまな補助金が減るなか、現在も競輪の補助金で、福島県の小学校では、年間を通して、1年生から6年生までの全学年で、それぞれ地域ふれ合い事業を体験学習として続けている。このふれ合い事業が行われているのは創立145年の福島県いわき市立平第四小学校。

 「日本の将来、いわきの将来を可能性を持った子供たちが、自分たちで課題を解決できるようにすることが大事」と、同小の後藤幸一校長(58)は話す。

 地域ふれ合い事業として、同小学校のある平窪地区は、市内でも有数の梨生産地区でもあり、3年生は、地元の梨生産農家を訪れ、梨の受粉体験や収穫体験を行っている。こうした体験学習はすでに15年以上も続いている。

 「地元にいても、知らないことが多い。実際に体験して、子供たちも、帰って、両親にそのことを説明する」と、いう。

 また、学校から5分ほどの場所にある、自分たちで田植えを行った「学習田」で収穫したコメで、餅つきを行っている。同じ地域にある県立平支援学校との交流も続けている。同校との交流は30年間続いていて、親子2代で交流している児童もいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」
  • ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」
  • ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」
  • ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」
  • ふれ合い事業 福島の児童成長 競輪の補助金継続「ありがたい」