産経ニュース

伊吹山ドライブウェイで除雪進む 来月21日開業予定

地方 地方

記事詳細

更新


伊吹山ドライブウェイで除雪進む 来月21日開業予定

 米原市と岐阜県との県境付近を縫うように走る「伊吹山ドライブウェイ」(全長17キロ)で17日、ショベルカーなどを使った除雪作業が公開された。冬季は積雪のため閉鎖されており、春の観光シーズンに合わせた4月21日に開業予定で、除雪をして車の走路を確保する。

 伊吹山ドライブウェイは米原市の伊吹山(1377メートル)9合目の山頂駐車場と岐阜県関ケ原町の国道365号を結ぶ。伊吹山は四季折々の高山植物の花畑があり、琵琶湖や濃尾平野、加賀白山などが展望できるなどで「日本百名山」の一つに数えられており、毎年多くのファンが訪れている。昨年の道路利用は約6万台だった。

 除雪作業の公開は山頂駐車場近くで行われた。道路は大量の雪により封鎖状態で、ショベルカーなど重機4台を使って走路の雪を取り除き、除雪後の道路脇には高さ約4メートルの固い雪の壁ができていた。

 除雪作業は開業直前まで続く見通し。伊吹山ドライブウェイの担当者は「残雪は例年並みで、開業日までには間に合いそう」としている。