産経ニュース

LGBT差別の解決探る 津で31日、高田高生がイベント

地方 地方

記事詳細

更新


LGBT差別の解決探る 津で31日、高田高生がイベント

 心と身体の性別に差がある「トランスジェンダー」に対する理解を求めるイベントを高田高校の生徒らが中心となって、31日に津市一身田豊野の高田短大講堂で開く。トランスジェンダーである人も参加し、差別や偏見の解決策を探る。主催団体代表の同高2年、江崎夢さんは「人間として、当たり前に生きていく方法をともに探りたい」と話している。

 トランスジェンダーはレズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)と同じく性的少数者で、こうした人たちは「LGBT」と呼ばれる。イベントは高田高の生徒らが設立した「NFT(New Future of Transgender)」が主催する。

 イベントのタイトルは「高校生がトランスジェンダーから学んだこと」。第1部は「性別違和を持つ当事者と周囲の理解」と題し、トランスジェンダーの高校生、冬馬さんと、大学院生の上田直志さんらが、身体的な性とは別の性で生きることを決断した経緯などを語り、その後に受ける差別や偏見などの課題解決策を探る。

 第2部は「性別違和と医療」と題し、津市の浦狩知子さんがトランスジェンダーの子を持つ親としての人生を語るほか、性同一性障害治療の専門医、難波祐三郎・岡山大学院ジェンダーセンター長が「最前線の医療現場から」と題して講演する。31日午後1時半から。参加無料。