産経ニュース

若手町議の報酬アップ廃止 長崎・小値賀、立候補促せず

地方 地方

記事詳細

更新


若手町議の報酬アップ廃止 長崎・小値賀、立候補促せず

 50歳以下の町議の報酬を月18万円から30万円に引き上げて若手の政治参加を促す長崎・五島列島の小値賀町の取り組みが3年間で終了することになった。15日の町議会で廃止に関する条例が可決された。異例の試みだったが、期待された効果はなく、町民から「金で釣るな」との批判もあったという。

 小値賀町は人口減少と高齢化が進む。町議8人の平均年齢は65歳を超えている。平成27年から50歳以下の町議に限り報酬を引き上げることを決めたが、同年の町議選で50歳以下の立候補者は一人もいなかった。

 廃止を発議した松屋治郎町議(72)は取材に「子育て世代に手を挙げてもらう狙いだったが、結果が出なかった」と説明した。若手が有権者から「金目当ての立候補」との批判を受けることを恐れ、年配の議員にも遠慮するなど、政治参加の妨げになる可能性があると指摘した。

 来年春には町議選が予定されており、松屋氏は「立候補しやすい環境の整備など、抜本的な対策の議論が必要だ」と話した。