産経ニュース

ご当地キャラ「呉氏」デビュー1年 替え歌ダンス、じわり人気 広島

地方 地方

記事詳細

更新


ご当地キャラ「呉氏」デビュー1年 替え歌ダンス、じわり人気 広島

 呉市公認のご当地キャラクターとして、2月でデビューから1年がたった「呉氏」。当初「いまさら新キャラなんて」「デザインが雑」などと批判的な意見もあったが、既存のヒット曲の替え歌に合わせて踊るしぐさが「何度も見ているうちにだんだんと愛らしく思えてくる」と評判は上々だ。

 呉氏は、瀬戸内海にちなみ青色で体は箱のような形。白色で「呉」と書かれた文字が顔に見立てられている。

 昨年2月、動画投稿サイトで音楽グループ「TRF」のヒット曲「CRAZY GONNA CRAZY」の替え歌「呉-市- GONNA 呉-市-」を公開。「踊れるキャラクターにしたかった」(市の担当者)と動画では、軽やかに踊りながら市内の観光名所などを巡る。再生回数は1年間で約61万回に上った。

 元々、地元の産業として知られる船を連想させる別のキャラクター「てつぞー」がいたが、市は新キャラクターが必要と考え、3年間で予算約1億円を配分。市の担当者は「まず呉の認知度を広めて観光誘致につなげ、移住、定住を考えてもらうきっかけにしたい」と語る。

 地元企業と協力しグッズも販売。「制服のフジ」は呉氏のぬいぐるみやマグカップ、トートバッグなどを扱っており、年間500個の販売を目安にしていた、ぬいぐるみ付きのキーホルダーを2カ月間で完売、増産した。担当者は「地元の人だけでなく、観光客も買ってくれている」と手応えを示す。

 今年2月、呉氏の2曲目の替え歌を公開。今度はロックバンド「ザ・ブルーハーツ」のヒット曲を活用した。呉氏は動画で「広島中には知られた?ニッポン中にも知られたい」と熱唱。市の願いが歌に込められている。