産経ニュース

たび丸探して健康促進 JR南草津駅、階段デザイン刷新

地方 地方

記事詳細

更新


たび丸探して健康促進 JR南草津駅、階段デザイン刷新

 市民の健康づくりのため駅の階段を上ってもらおうと、草津市がJR南草津駅(同市野路)の階段のデザインを新しくした。同市が東海道と中山道が交わる宿場町として栄えたことにちなみ、東海道、中山道の道中で市のマスコットキャラクター「たび丸」を探しながら階段を上るデザインになっている。

 描かれたたび丸の絵は計39体。中には「メタボたび丸」など健康を損なったものもある。階段の左側には消費カロリーを表示した。駅の東口の階段と、西口の階段に描かれた。

 デザインを担当した県立大学人間文化学部生活デザイン学科4年の服部紗英子さん(22)は「どうしたら階段を使ってもらえるか考えながら描いた。自分も積極的に階段を使っていきたいと思っている」と話していた。