産経ニュース

NZに中学生15人派遣、京丹後で出発式 「前向きな気持ちで交流」

地方 地方

記事詳細

更新


NZに中学生15人派遣、京丹後で出発式 「前向きな気持ちで交流」

 国際感覚を身につけ、グローバル社会で活躍できる人材育成を目的とする「京丹後市中学生海外派遣事業」の出発式が14日、同市役所(同市峰山町)で開かれた。ニュージーランドに派遣される中学2年生15人と、その保護者らが参加し、生徒の代表が抱負を述べた。

 出発式で市立峰山中学校の金子晴元さん(14)は「前向きな気持ちでたくさんの人と交流し、帰国後の生活に生かしたい。また、現地の文化を知るとともに、京丹後の魅力も伝えたい」と意欲を語った。

 また、市教委の吉岡喜代和教育長は「目的意識を持って、多くのことを体験してほしい。同時に思いっきり楽しんでほしい」との言葉を贈った。

 15人はこの日、関西国際空港を出発。ニュープリマス市に滞在して現地の中・高校に通うほか、現地の小学校を訪問する。帰国は22日で、帰国後は市民が参加する事業報告会も予定している。