産経ニュース

足立の複合施設で使途不明金 通帳残高357万円不足

地方 地方

記事詳細

更新


足立の複合施設で使途不明金 通帳残高357万円不足

 足立区は14日、複合施設「栗島住区センター」(同区中央本町)の運営を委託している管理運営委員会に使途不明金があったと発表した。

 区によると、同センターには児童館、学童保育室、集会室などがある。管理・運営は地域の町会や自治会を中心に組織された委員会に委託。職員の給与や管理費などに充てる委託料を年間約2500万円支出している。

 平成29年3月、委員会から「使途不明金がある」と連絡があったことから調べたところ、通帳残高が約357万円不足していた。それまで会計監査は、帳簿と領収書などを点検していたが、預金通帳や現金残高を確認していなかった。約10年間会計を担当していた70代の女性が同年1月から入院し、会話ができないことから事実調査ができず、公認会計士が正確な不明金額を調べている。

 同区内に48の住区センターがあり、他のセンターも調べたが問題はなかったとしている。