産経ニュース

地方 地方

記事詳細

更新


高山村長選は現新一騎打ち

 任期満了に伴う高山村長選が13日、告示され、いずれも無所属で、元村議の新人、平形富二夫氏(67)と、再選を目指す現職の後藤幸三氏(70)が立候補を届け出た。後藤氏は前回の村長選で無投票で初当選。平成18年以来12年ぶりの選挙戦となる。

 この日、平形氏は選挙事務所前で約30人の支持者らに「小さくても元気のある村を目指す。少子化対策に力を入れ、子育てをするなら高山村といわれるような子育て支援をしたい」とアピールした。

 後藤氏も選挙事務所前で約70人の支持者らに向けて第一声。「過去4年、村政を行えることができた。村民の福祉の向上のためにがんばり、村民が笑顔で輝く高山村を目指したい」と支持を訴えた。

 投票は18日、村内の10カ所で行われ、午後7時から村役場で即日開票される。当落が判明するのは午後8時ごろの見込み。

 12日現在の有権者数は3122人(男性1523人、女性1599人)。