産経ニュース

「カープ電車」出発進行 日本一へファンと一丸に 広島

地方 地方

記事詳細

更新


「カープ電車」出発進行 日本一へファンと一丸に 広島

 プロ野球・広島カープを応援しようと、広島電鉄は13日、チームのロゴやキャッチフレーズなどをデザインした「カープ電車」の運行を始めた。広島駅電停で出発式があり、岡田明丈投手も登場、日本一への意気込みをみせた。主に1号線(広島駅-紙屋町東-広島港)で来年3月末まで運行する予定。

 カープ電車は毎年運行しており、外装は今年のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」やカープ坊やなどをデザイン。  車内は注目選手や過去の優勝シーンの写真などで装飾し、つり革には野球ボールの飾りも。選手による電停案内やマナー喚起などの声を車内放送で流す。

 出発式で椋田昌夫社長は「ラッピング電車を走らせて市民と一緒に応援できることは最高に幸せ。今年こそ日本一になってほしい」とカープの活躍に期待。岡田投手は「今年も期待に応えられるよう、ローテーションの柱となって1年間投げられるよう頑張る」と誓っていた。

 岡田投手が車体にサインをした後、ファンらは続々と乗車。記念撮影するなどして笑顔をみせた。

 広島市安佐南区の会社員、尾形文子さん(67)は「市内を電車が走ってくれてファンの気持ちも高まる。今年も日本一に向けて頑張ってほしい」と話していた。