産経ニュース

東大寺修二会、松明に導かれ秘儀「お水取り」

地方 地方

記事詳細

更新


東大寺修二会、松明に導かれ秘儀「お水取り」

 東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ)(お水取り)は「籠松明(かごたいまつ)」が上がった翌13日未明、二月堂下の井戸から本尊の十一面観音に供える香水(こうずい)をくむ秘儀の「お水取り」が行われ、松明に導かれ水をくみに向かう行列を多くの参拝者らが見守った。

 この日午前1時半ごろ、二月堂内での行が中断されると、練行衆らが水取りのために出発。雅楽の音が流れる中、厳かな松明の火に導かれながら石段を下っていった。

 行列が着いた先は閼伽井屋(あかいや)。奈良時代に修二会を始めた実忠が全国の神々を勧請(かんじょう)したところ、若狭(福井県)の遠敷(おにゅう)明神が遅れたわびに水を湧かせたという伝承の残る若狭井がある。香水が入れられた桶は榊(おけさかき)が飾られた担台に載せられ、3度にわたって二月堂へ運ばれた。