産経ニュース

埼玉県こども動物自然公園の赤ちゃんコアラ、外の世界に興味津々

地方 地方

記事詳細

更新


埼玉県こども動物自然公園の赤ちゃんコアラ、外の世界に興味津々

 県こども動物自然公園(東松山市)は、昨年8月に生まれたコアラの雄の赤ちゃんが母親のおなかの袋から顔を出すようになったと発表した。

 同園によると、赤ちゃんが初めて顔を出したのは2月23日昼前で、入園客の前だった。その後も順調に成長し、袋から出て母親にしがみついたり、動き回る姿も見られるようになった。

 同園では赤ちゃんが顔出しをした同じ日の朝、生後7カ月の雄のコアラの赤ちゃんが死んで見つかっている。飼育担当者は「本来なら2頭の赤ちゃんでにぎやかな情景を提供できたのに複雑な思いです」と話しているという。