産経ニュース

宇治市が「ちはや姫」などあしらった婚姻届と出生届 京都文教大生とデザイン

地方 地方

記事詳細

更新


宇治市が「ちはや姫」などあしらった婚姻届と出生届 京都文教大生とデザイン

 宇治市は13日、市や宇治商工会議所のイメージキャラクターをあしらった婚姻届と出生届を発表した。京都文教大(同市)の学生と共同でデザイン。「ちはや姫」や商議所の「チャチャ王国のおうじちゃま」、「うみうのウッティー」を盛り込むなど、かわいらしさを前面に出した。市は各3千部を作成。出生届は4月1日、婚姻届は6月1日から使用できる。

 同大学総合社会学部の黒宮一太准教授のゼミ生6人が市と共同で研究。平成28年夏以降、市内の観光地を訪ねたり、学生にアンケートを行ったりして検討を重ねてきた。

 婚姻届は、喜撰橋に立つ平安貴族風のおうじちゃまとちはや姫、幸せな未来に導くというウサギを、出生届はおうじちゃまやウッティー、宇治茶など、宇治に関連するキャラクターを採用した。3年の友田光基さん(23)は「コピーして残せば一生の思い出になる」とアピールしている。