産経ニュース

【自民党総裁選】総裁選目指す野田聖子総務相の女性塾 定員上回り80人、高校生も入塾内定 「心からわくわく」と抱負

地方 地方

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
総裁選目指す野田聖子総務相の女性塾 定員上回り80人、高校生も入塾内定 「心からわくわく」と抱負

野田聖子総務相(斎藤良雄撮影) 野田聖子総務相(斎藤良雄撮影)

 野田聖子総務相は13日の記者会見で、自身が塾長を務め地元の岐阜市で4月1日に開講する女性向けの政治塾について、当初の予定を上回る約80人の入塾を内定したと明らかにした。9月の自民党総裁選では女性活躍推進を掲げて臨む構えの野田氏は「心からわくわくしている。切磋琢磨(せっさたくま)したい」と抱負を語った。

 応募資格は、原則岐阜県在住で政治家を志す18歳以上の女性で、当初は50人の定員を予定していた。塾生には地方議員や大学教授、医師、経営者、子育て中の主婦のほか、高校生もいるという。

 子育て世代の政治参画などに取り組む超党派の「ママパパ議員連盟」の会長に就任するなど、総裁選を視野に精力的に動く野田氏は「他者のために何ができるかという発意で、知見を生かせるようなアットホームな塾を作り上げたい」と語った。