産経ニュース

乗馬は意外にハード、癒やし効果も 八幡の乗馬クラブで記者が体験

地方 地方

記事詳細

更新


乗馬は意外にハード、癒やし効果も 八幡の乗馬クラブで記者が体験

 優雅で高級志向のイメージが強い乗馬。実は馬を操縦するには相当な体力が必要で、コートを走り回るテニスよりもハードというデータもあるという。その一方で、馬による癒やしの効果は医学的にも認められており、触れ合いを心身の機能改善に役立てる「ホースセラピー」も盛んだ。女性やお年寄り、子供にも人気という乗馬の魅力を取材した。

 京都府八幡市の乗馬クラブ「クレイン京都」。「相棒」になってくれたのはサラブレッドの牡馬、ダンディで、筆者と同じ23歳。馬の年齢ではおじいちゃんだが、容姿端麗で、性格も穏やかで初心者を乗せることが多いという。

 鼻面をなでてあいさつすると顔をすり寄せてきた。「心を開くと顔を寄せてくることもありますよ」。インストラクターの岡本雄哉さん(35)の言葉に、リラックスした気分になった。

 地面から馬の背までは約170センチ。背中にまたがるといつもと違う視界が広がり、姿勢を正していないとバランスを崩しそうになる。慣れてくると、馬の背に揺られるのが楽しくなってきた。気が緩んで姿勢が悪くなると、岡本さんに声をかけられた。

 両足で腹を蹴ると「進め」、手綱を手前に引くと「止まれ」の合図。スピードを上げたい時は腹を何回か蹴るのだが、おっとりとしたダンディは身体が動くまで少し時間がかかる。それぞれの性格も踏まえて馬とつきあうのも魅力の一つに思えた。

 約20分間の騎乗を終えるとほどよい疲労感があった。感謝の意を込めて首筋を軽くたたくと、目を細めるダンディ。心なしか距離が縮まった気がした。

 このクラブには、小学生から80代の高齢者まで幅広い年齢層が通っている。実際に体験してみて「年齢に関係なく楽しめる」との岡本さんの言葉に納得する。

 冬にもかかわらず、体がぽかぽかしてくる。「実は乗馬はカロリー消費量が高いんですよ」と岡本さん。意外にも、乗馬はジョギングやテニスより一定時間あたりのカロリー消費量が高いというデータがある。

 バランスを取るために全身の筋肉を動かすので、有酸素運動になるのだという。姿勢矯正や筋力強化などにも役立つことから、筆者のように運動不足に悩む人が始めることが多いようだ。

 中には、腰の筋力の低下で歩くときにはつえが手放せなかった80代の男性が、乗馬をきっかけに筋力が上がり、つえが必要なくなった事例もあるという。

 今回の体験では、生き物である馬との触れ合いで心が落ち着き、癒やされることも実感した。こうした効果は医学的にも認められており、乗馬や馬の世話を通じて、人間の心身機能を向上させるリハビリテーションは「ホースセラピー」と呼ばれ、注目を集めている。ホースセラピーは、身体障害者らを対象に行われ、乗馬で体幹が鍛えられて平衡感覚が良くなるほか、世話を通じて馬の気持ちを読み取ろうとすることで知覚が発達するという。

 普及に努める一般財団法人ホースコミュニティ(滋賀県栗東市)は平成8年に北海道で初めてホースセラピーを行ったといい、今では全国で実施団体が200以上あるという。担当者は「アニマルセラピーといえば犬や猫が主流だが、(馬は)乗ることができるのが大きな特徴。繊細な生き物である馬との触れ合いは、社会復帰を早める手助けとなる」と語る。

 「馬と一心同体になって走り、時間を共有できるのが乗馬の魅力。長く続けられる趣味としてもおすすめ」と岡本さん。心なしか姿勢もよくなり、運動後のほどよい爽快感に包まれながら、再会を楽しみにダンディに別れを告げた。