産経ニュース

献血活動に役立てて 舞鶴LCが赤十字に多目的車両寄贈

地方 地方

記事詳細

更新


献血活動に役立てて 舞鶴LCが赤十字に多目的車両寄贈

 舞鶴ライオンズクラブ(佐古田政彰会長)は結成55周年記念事業として、府赤十字血液センター福知山出張所(樋口征昭所長)に多目的車両を寄贈した。同出張所は、車を献血会場への資材の輸送やスタッフの移動、献血者の送迎などに使用するという。

 ライオンズクラブ(LC)は世界的な規模の社会奉仕団体。舞鶴LCは、これまで献血活動に協力しており、同出張所の車両が走行距離25万キロを超えて老朽化していることを知り、車両を寄贈することにした。

 今回、寄贈した車両は大型のバンタイプで価格は約290万円。ライオンズクラブ国際財団から約136万円(1万2500ドル)の援助を受けた。

 舞鶴市浜のホテルで行われた贈呈式では、佐古田会長が府赤十字血液センターの辻肇所長に車の前で鍵の形をしたプレートを手渡した。佐古田会長は「これまで先輩方が献血活動に尽力してきました。若い人の献血につながるように活用していただければ」とあいさつ。辻所長は「献血活動で役立つ車をありがとうございます。有効に活用させていただきます」と謝辞を述べていた。

 同出張所は亀岡市以北をエリアに活動しており、平成28年度には400ミリリットル献血で1万5208人から協力を得ている。