産経ニュース

JR東海社長、長野知事と会談 県道土砂崩落事故を陳謝

地方 地方

記事詳細

更新


JR東海社長、長野知事と会談 県道土砂崩落事故を陳謝

 平成39(2027)年に東京-名古屋間での開業を目指すJR東海のリニア中央新幹線事業をめぐり、阿部守一知事と同社の柘植康英(つげ・こうえい)社長は12日、県庁で約1時間にわたり会談した。

 会談で阿部氏は、昨年12月に中川村の県道で発生した土砂崩落事故に言及し、再発防止策の徹底を要請。これに対し柘植氏は「地元の方々に不便を掛けた」と陳謝した上で、原因究明を徹底するとの考えを伝えた。

 県道は、松川町と大鹿村を結んでおり、地元住民らは今年2月に復旧するまで、片側交互通行の迂回(うかい)路を使わざるを得なかった。JR東海はこれまで、同事故の発生について、近くの工事現場で取り組む発破作業などによる振動が原因とみられると説明している。

 柘植氏の発言は、今後も事故原因を徹底調査し、真相を明らかにした上で、地元住民らの不安を払拭する考えを示したものだ。これに関連し、柘植氏は「今回の件を教訓に、対策を講じて安全向上に努めたい」と強調した。

 阿部氏はこのほか、工事現場周辺に防音壁や防音フードを設置することや、開業後には1時間に1本以上、県内駅に列車を停車させるよう求めた。阿部、柘植両氏の会談は3回目。今回は、JR側から4月1日付で社長に昇格する金子慎副社長らが同席した。